イビサクリームは口コミや評判が良く、気になる黒ずみが消えると今話題になっています。

実際、SNSでも黒ずみが無くなった!という声もたくさんあります。

ただ、それらはちゃんと使っているからこそ効果が出ています。もちろん、誤った使い方をすると、効果を実感できないかもしれません・・。

そこで、イビサクリームの使い方や効果が落ちちゃう使い方、逆に効果を引き上げてくれる使い方を紹介していきます!

1 イビサクリームの使い方

イビサクリームは入浴後に使いましょう。

目安としては朝晩の1日2回ですね。

イビサクリームの使い方その1入浴後、1円玉大ほどのクリームを手に取り、くすみが気になる箇所にゆっくりと塗りこんでいってください。

イビサクリームの使い方その2

気になるようであれば、2度塗りをしましょう!

イビサクリームの基本的な使い方は以上です。

2 イビサクリームの効果が落ちる!気を付けるべきこととは?

下を指さす女性

イビサクリームを使用する上で、気を付けて欲しいことが1つあります。

それは、『肌が清潔な状態で使う』ことです。

これは入浴とも密接に関係しているのですが、肌が綺麗な状態でクリームを塗らないと効果が出にくいというデメリットがあります。

入浴によって肌の表面が清潔になることはもちろん、お湯で毛穴がほぐれて有効成分が浸透しやすいというメリットもあります。そのため、なるべくイビサクリームを使う前は入浴するようにしましょう。

ただ、どうしても朝は時間が無くて入浴できないって方もいると思います。

そんな方にお勧めしたいのがホットタオルです。

顔にイビサクリームを塗りたいときは、軽く湿らせたフェイスタオルを電子レンジで温めて、1分ほど当てましょう。

そうすると顔の汚れも落ちて、肌もほぐれてくれるので有効成分が浸透しやすくなります!

3 イビサクリームの効果を上げる使い方は?

指の隙間から太陽が見える

効果を落としてしまう使い方があると同時に、効果を引き上げてくれる使い方もあります。

そこで、逆に効果を高めてくれる方法を紹介していきます!

効果的な使い方
・保湿を行う
・ハンドプレスを用いる

この2つの使い方について詳しく紹介していきますね。

保湿を行う

イビサクリームは入浴後に使うのがとてもお勧めですが、入浴後は肌の潤いが不足しがちです。肌の乾燥は、シミ・くすみ・黒ずみなどの原因になるのはもちろん、色素沈着を解消してくれる効果があるターンオーバーも不規則にしてしまいます。

イビサクリームには保湿成分が含まれているので、イビサクリームだけでも十分保湿効果を実感できるかもしれません。

ですが、より確実にしっかりと保湿効果を実感するには化粧水や乳液といった保湿に優れているスキンケア用品の併用がおすすめです!

入浴後のイビサクリームを塗る前に、保湿効果の高い化粧水や乳液を黒ずみが気になる箇所に塗り、乾いたときにイビサクリームを塗るだけで完了です♪

この方法は特に乾燥肌・敏感肌の方におすすめです!

それ以外の肌質の方は化粧水とイビサクリームだけで大丈夫かもしれません。

ハンドプレスをする

イビサクリームの効果を実感するためには、肌に浸透させなければなりません。

イビサクリームを塗った後は手の平でパックをするようにピタッと蓋をしましょう。

人肌で温めることで、クリームが肌に浸透しやすくなり、イビサクリームが持つ効果を高めてくれます。

肌に浸透させるためにハンドプレスは欠かせません!

4 イビサクリームの使い方 まとめ

イビサクリームの使い方をいろいろとまとめてきました。

イビサクリームは綺麗な肌に使いましょう。

また、入浴・ホットタオル後にイビサクリームを塗ると効果を実感しやすくなるので、お勧めです!

効果を引き上げる使い方で黒ずみの悩みを無くしましょう!

おすすめの記事