イビサクリームは女性が持つ黒ずみ悩みを解決してくれる美白クリームです。

今話題になっていますが、なぜ黒ずみを薄くすることができるのか気になりますよね!

そこで、イビサクリームに含まれている美白成分が持つ効果はもちろん、それ以外の成分・効果についても調べてみました!

1 イビサクリームの美白成分

手にクリームを塗る女性

まずは、イビサクリームに含まれているイチオシ成分を紹介します。

イビサクリームには沢山の美容成分が含まれていますが、その中でも黒ずみを薄くしてくれる成分に注目して紹介していきますね!

黒ずみを薄くしてくれる有効成分として、『トラネキサム酸』と『グリチルリチン酸ジカリウム』という成分があります。この成分の効果を消化していきましょう。

イチオシ成分の効果

トラネキサム酸
トラネキサム酸は肝斑の改善薬として使われている成分です。抗炎症作用に優れていて、肌の炎症を抑える効果があります。また、シミの原因となるメラノサイトの活性化を抑える効果もあり、シミのできにくい真っ白な肌へと導いてくれます。
グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウムは強力な消炎作用があり、肌の炎症に対してとても効果を発揮する成分です。また、肌に刺激を与えにくく、敏感肌・乾燥肌に優しい成分です。

2イビサクリームに含まれている美白成分が効果を発揮する理由

■トラネキサム酸

トラネキサム酸は「抗プラスミン薬」と呼ばれている成分です。このプラスミンとは、血液を溶かす性質があり、多いと血液がサラサラになりすぎて炎症やアレルギーが起きやすくなります。
トラネキサム酸はそんなプラスミンの働きを弱めて、炎症・アレルギーを起こりにくくしてくれます。

シミに対しては、シミの原因を抑えてくれる効果があります。
肌は紫外線のような外部からの刺激を受けると、肌内部でメラノサイトという成分が大量に分泌されます。このメラノサイトが活性化することでシミの正体であるメラニンに変化します。
トラネキサム酸はこのメラノサイトに対して直接作用し、活性化を防ぐ効果が認められている成分です。

 

■グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは全身の炎症を抑える効果に優れていて、いろんな肌質に効果を発揮してくれます。

オイリー肌の皮脂過剰によって起こるニキビの解消。
敏感肌や乾燥肌に対しては、角質の乱れを整え炎症が起こりにくい状態にしたり、肌のバリアやターンオーバーを正常化します。

肌のターンオーバーが正常化することで、シミやくすみなども徐々に薄くなってくれるのです。

3 イビサクリームの他の成分

美白サポート成分
党参抽出物加水分解液
カモミラエキス
アルピニアカツマダイ種子エキス

この3つの成分には、メラニンの生成を促す成分の働きを抑制する効果があります。それ以外にも、炎症を抑える効果がある成分もあり、使い続けることで美肌に近づくことができます。

糖化ケアサポート
サクラ葉抽出液
ウメ果実エキス
大豆エキス

肌の老化はくすみやシミなどの年齢肌の原因となってしまいます。糖化は肌を老化させる原因の1つです。上記3つの成分には肌の糖化を防ぎ、若々しい肌を形成してくれる効果があります。

保湿成分
ステアロイルフィトスフィンゴシン
天然ビタミンE
乳酸ナトリウム液
ローズ水
水添大豆リン脂質
グリセリン
1,2-ペンタンジオール
BG

有効成分として配合されているグリチルリチン酸ジカリウムは保湿力が低い成分です。そのため、保湿効果を最大限感じられるように、保湿成分を8種類配合しています。

4 イビサクリームに含まれている成分のQ&A

トラネキサム酸には副作用がありますか?
トラネキサム酸は医薬品としても使われている成分です。そのため、副作用などの危険性はとても低いです。ですが、大量摂取により血が固まりやすくなったり下痢を起こしやすくなったりするのでその点については注意が必要になってきます。
グリチルリチン酸ジカリウムが含まれているスキンケア用品を使う時に注意することは?
グリチルリチン酸ジカリウムには保湿成分が含まれていません。そのため、グリチルリチン酸ジカリウムが含まれているスキンケア用品を使う際は、保湿をしっかり行う必要があります。

5 イビサクリームの成分・効果 まとめ

イビサクリームは有効成分W配合

 

イビサクリームの成分・効果をまとめてみました。

分かったこととしては、美肌効果のある成分がとても多いということです。

有効成分のトラネキサム酸やグリチルリチン酸ジカリウムはもちろんですが、それ以外にも美肌に欠かせない成分が沢山含まれています。

これだけの美肌成分が含まれていることを考えると、肌の黒ずみを薄くしてくれる効果もうなずけますね。

おすすめの記事